運動習慣がない人はヤバい

健康

「最近、運動していないな」「運動習慣を付けたい」という方向けの内容です。

そもそも現代人は、忙しすぎて運動している暇もないし、疲れていて運動どころではないですよね。

働き出して、仕事が忙しい

子供がいて育児・家事に追われている

寝る間も惜しんで、副業をしている

など人それぞれやることが山積みなんだと思います。

運動しないと将来大変なことになる

人生100年時代と言われる昨今

身体が不自由なまま、長生きして何が嬉しいのでしょうか?

保険料も増え続けていますし、年金も当てにできない時代です。

自分の身体は自分で守るしかありません。

健康寿命を意識して身体が動くうちに、運動の習慣を付けておくべきだと考えます。

そこでスポーツを始めるのも良いですし、ウォーキングなど軽めの運動から始めるのも良いですね。

運動習慣を付けるコツ

一人で運動を続けるのは、余程自分をコントロール出来る方でないと難しいです。

続けるコツとしては3つです。

  • 誰かと一緒に行う
  • 言い訳出来ない環境を作る
  • 運動を始めるまでのハードルを下げる

出来れば3つ揃うと効果的ですが、1つだけでも取り入れると運動を継続しやすくなります。

誰かと一緒に行う

家族や友達と一緒に運動・スポーツをするということ。または近所のサークル・同好会のようなところに入るのもありですね。一人でやるよりも楽しんで続けられますし、新しい交流も出来るかもしれません。

私は、地方転勤していた時代は近所のバドミントンクラブに入って週一回地元の方と体育館で汗を流していました。
そのクラブには、会社の上司もいたので仲良くなって一緒に試合に出たりしていて、今では良い思い出です。

言い訳出来ない環境を作る

ずばり投資をすることです。

例えば

ジムの入会金を払う

ゴルフであればクラブを買う

ウォーキングならウェア、シューズを買う

などです。

あとは、スポーツなら大会にエントリーするのも有効です。

以前、ジョギングを習慣づけようと定期的に10kmマラソンにエントリーをし、大会を目指して走り込んだ時期もありました。
最終目標は、ホノルルマラソンでしたので、それまでに距離を5km、10km、ハーフと徐々に伸ばしました。
結果的に、初めてのマラソンで目標タイム5時間を切ることが出来ました。

運動を始めるまでのハードルを下げる

「さあ運動しよう!」と思っても、着替えたり道具を揃えたりするのが面倒で、結局「明日にしよう」となる事も考えらえれます。

準備を予めしておく事で、運動を始めるまでのステップを減らしておくのがコツです。

夜寝る前にジャージを枕元において、朝起きたら、すぐに着替えたり、運動に使う道具は玄関に出しておく。

また家の中で出来る運動が、ハードルが低くお勧めです。

お勧めの運動は

まだ、どんな運動・スポーツをしようか決まっていないのであれば、「ヨガ」をお勧めします。

例えば、

家から徒歩0分のヨガスタジオ

は、 スマートフォンやPCを使って、 自宅からビデオ通話で先生と繋がってレッスンを行うフィットネスサービスです。

自宅でインストラクターの直接指導を受けられる臨場感と、自宅でいつでもできる手軽さが特徴です。

起き抜け早朝から、部屋着・すっぴんで就寝前までいつでもレッスンできます。

今なら、無料体験もあるので、お試しで受けてみては如何でしょうか?

ちょうどコロナ外出を控えなければならない時期なので、
自宅で出来るフィットネスサービスは始めるのにピッタリです。

家から徒歩0分のヨガスタジオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました