やりたいことがない人へお勧めの提案

自己啓発

こんにちわ、Kakkiです。

やりたいことがある人って、羨ましいです。

昔からの夢だったり、好きなことを仕事にされている方は、私にとってはもれなくリスペクト対象です。

でも世の中、やりたいことがあって、それをやり続けている人って多はくないと感じています。大半の方は、サラリーマンやOLさん、働きながら子育てや親の介護等をしていたりと、なかなか自分の時間すらとれないではないでしょうか?

自分の時間もほとんどなく、毎日がルーティンで楽しみがない。
私もそんな時期がありました。

で、このままでは「時間をドブに捨ててるようなものだ」と感じ自己啓発系の本や、資格や英語の勉強をやってみたりしました。
でも、自分の本心からやりたいことでなければ、なかなか続かないのは目に見えていました。

夢リスト

その後とあるセミナーに参加した際、「やりたいことを100個書き出す(夢リストと呼んでいるもの)」という課題がありました。
夢リスト作成の制限時間は、10分。
考えるまでもなく出てくる願望を、ひたすら書き出します。

100個書き出すのには少し時間がかかってしまいましたが、やってみると意外とやりたいことが出てくるものです。

そして、出来そうなものから達成するための計画を立てたりするのかと思いきや、書き出したリストは特に振り返る必要はありません。

ただ紙に書けば良いのです!

紙に書き出したものは、忘れた頃に達成出来ていることもあるという

なんだか信じられない話。

夢リストの成果は・・・

そして月日は流れ、私は夢リストを作成したことすら忘れていましたが、ふと本棚を整理しているときに夢リストを見つけました。

以前書き出したやりたいこと100個のうち、

なんと70%を既に達成していました!

この時、夢リストの効果を思い知らされました。

例えば、
ベストなタイミングで子供を授かったり
年収が上がったり
行きたかった海外出張に行ったり
家族で海外旅行に行ったりという状況です。

まとめ

聖書に、「求めよさらば与えられん」という言葉があるように

求めているものを明確にしておくことが大事なんだなと、年齢を重ねるに従い、ひしひしと感じています。

子供は、親に向かって好き勝手言ってきます。

テレビを観たい、お菓子を食べたい、〇〇に行きたい・・・

言わなければ現実を変えられないのを解っているのでしょう。

やりたいことがないと感じている方は、ぜひ気軽な気持ちで紙に「やりたいこと100個」を書き出してみることをお勧めします。
また、口に出すことも大事なので、何かにつけて独り言でも良いので夢を口にしてみては如何でしょうか?

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました